学生ローンの金融システム
  HOME |   Accessを使った情報管理 | テーブル | フォーム | クエリ | レポート
  関数を使いこなす | 学生ローンガイド | 学生ローンの金融システム・ケータイホームページ

テーブルについて - 学生ローンの顧客データをテーブルに入力する
テーブルの役割
学生ローンの金融システムを構築する上で基本となるのがテーブル作成です。
これがないと何もできません。
テーブルには次のようなデータを入力していきます。
テーブル名を例えば「顧客情報」という名前で保存します。

会員番号 入金内訳-不足金
住所-1 郵便番号 入金内訳-手数料
住所-2 住所(漢字) 入金区分(店頭持参・振込・書留など)
住所-3 (マンション・アパート名・号室) 完済区分(利用中か完済かを見分ける番号等)
住所-4 住所(カナ) 督促状発行(発送不可の人などを区分します)
住所-5 (アパート・マンション名-全てカナ) 貸付禁止(貸付禁止客を区分します)
居住形態(1人暮らし・親同居等を区分分け) 与信枠
氏名(漢字) 与信枠設定日
氏名(カナ) 担当区分(長期延滞者等担当者付の債権)
生年月日 支払い回数
携帯電話 延滞回数
固定電話 前回取引日
学校名 契約書未回収(振込みローンなど)
アルバイト先名 入金約束日
アルバイト先住所 次回支払日
アルバイト先電話番号 広告媒体
契約区分(契約種類が複数ある場合等) 紹介者名
新規登録日 実家住所-1 郵便番号
貸付日(上書きせずに追加していく) 実家住所-2 住所(漢字)
貸付金額 実家住所-3 (マンション・アパート名・号室)
貸付方法(振込・店頭など) 実家住所-4 住所(カナ)
入金日(上書きせずに追加していく) 実家住所-5 (アパート・マンション名-全てカナ)
入金額 契約利率
入金内訳-元金 遅延利率
入金内訳-利息  

これはほんの一例です。
実際にはもっと細かい情報を入力していくと思います。
必要に応じて項目(フィールド)を増やすと良いでしょう。

■情報入力について
これらの細かい情報をテーブルに入力していくと大変やりづらいです。
そこで、次のページで解説する「フォーム」を使います。
フォームを使用することで入力作業がやりやすくなります。

学生ローン研究所・・・学生ローンの融資枠基準について研究レポートを掲載。
その他、支払いが延滞した場合どうなるかなどを、実際の学生ローン利用者にアンケート調査し、その結果をまとめています。

学生ローンの概要・・・文字通り学生ローンの概要を解説する他、信用情報や学生ローン利用者に多いとされる詐欺被害についても詳細に説明。

2008 学生ローンの金融システム